潤活日記

サイクルライフな書き連ね

猛暑の津久井湖ライド

各地で記録的な猛暑が続く今年の夏ですがいづれ高温が日常のことになるのかもしれない。  予定が立て込み数日間自転車に乗れなくてうずうずしていましたが、この日は “行く” と決め自分なりの暑さ対策をして出発。しかし、ムリは禁物なので 100Km程度のコース設定で津久井湖を目指しました。8月の400Kmブルベを想定してのトレーニングと確認したいことなどがあり、速度もそれを想定して行いました。


歩きやオートバイに比べ、ロードバイクは快適そのもの、汗もすぐ乾く感じです。境川沿いを相模原まで進み一般道へ。途中陸橋を渡るとき渋滞に捕まり暑さに加えトラックや車の排気ガスにまみれ難儀をしました。 津久井湖を目前にしたときにGPSの機嫌が悪くなったのでスマホにチェンジするなど、実際のブルベでも時々起こる状況をスムーズに回避できるかを確認。坂らしい坂は特になかったのですが、津久井湖の周遊道路は暑さと地味なアップダウンで結構疲れました。

帰路はオートバイでは時々通ることのある信号のほとんど無いなかなか走りやすい道、っしかし、なにぶん交通量が多く道幅も広くはないので気を使いました。なんとかルート通り走り終え107キロ。体調はすこぶる元気、これはこまめな給水が功を奏したかたちです。


今回は真空断熱ボトルにコンビニでロックアイスを補充しながら、常に冷たい状態で水分補給が行えとても快適でした。


コンビニで補充したもの
2リッターペットボトルの水 2本
ロックアイス小(100円) 2箱
これに、スポーツドリンクの粉末を加えていました。


蛇足
水分補給は一度にたくさん摂ると、体が多すぎると判断して排尿させようとします、こまめに(今日はおよそ10分に一回の間隔でした)水分補給することでうまく発汗分を補えるとのことです。