潤活日記

サイクルライフな書き連ね

伊豆下田300涙

3時に目が覚め、部屋が暖まる間もなく着替えを終え深夜の町を走り出す。自らの吐く息でメガネが曇る。今日は1月13日、300Kmブルベの挑戦の日。この一週間不安を抱えながら過ごしたがさしたる効果も変化も無い。スタートの鎌倉駅到着。

ブリーフィング車検の後スタート。とにかく負担をかけないようペースを守ってゆくことに専念した。そのお陰か熱海を過ぎてもさほどの痛みは無い。

しかし、伊東に入ると突然痛み出した、しかも今度は今までの右足に加え左足の鈍痛が加わった。痛み止めを飲みしばらく進むが全くスピードが上がらない、それどころか緩やかな坂でも歩く速度で後続の女子達にもバンバン抜かれてゆく。痛みもだが情けなさとこれからブルベはもう走れないかもしれないという思いで心が折れてしまった。 コースを外れ片足でだましだまし漕ぎ続け遠くに見えるPCを横目に駅へ向かい主催者にDNF連絡を入れ、
伊豆高原駅で自転車をバラしながら途方に暮れた。しばらく大人しくしていよう・・・。


イチゴ大福で有名な間瀬菓子本舗 温かな振舞いのお茶がしみました。